flagflag
アーティスト情報
メイン・メニュー
期間限定コンテンツ
ダウンロード
ショップ
サイト内検索

インタラクティブ・ライブについて



インタラクティブ・ライブとは、ミュージシャン平沢進が支援者の協力を得て考案し、1994年から始めた「ストーリー仕立ての観客参加型」マルチメディア・コンサート。
ステージ上に設置された巨大スクリーンに投影される文字情報や映像によって表現されるストーリーが、参加者たちの意志をリアルタイムに取り込みながら音楽と共に目まぐるしく変化していく。
それはさながら壮大なロール・プレイング・ゲームのようでもある。
2002年には「インタラクティブ・ライブ・ショウ2000 ~賢者のプロペラ」が“デジタルコンテンツグランプリ・経済産業大臣賞(大賞)”を受賞。
2009年4月に実施の“INTERACTIVE LIVE SHOW 2009「点呼する惑星」”で10回目を数える。

ライブは、平沢進の片腕とも言えるコンピュータAmigaを中心に作られたマルチメディア・システムによって進行。
途中に設けられたいくつかのホットポイント(分岐点)では、歓声や光など回を重ねるごとに工夫されたインタフェイスを介して観客が多数決的に進行方向を選ぶことができる。
また、98年からはインターネットを介して自宅にいながらにしてライブに参加できる「在宅オーディエンス」というシステムも登場。


今このサイトをご覧になっている「あなた」が「在宅オーディエンス」としてライブの進行を左右することになります。


インタラクティブ・ライブについての詳細は、こちらも参考にしてください:
GhostWeb
INTERACTIVE LIVE SHOW DIGEST 1995-2003 (ASX形式)

プリンタ用画面
友達に伝える